柳津あおやま眼科クリニック
柳津あおやま眼科クリニック

当院からのお知らせ

LenSxを使用したフラップ作成

更新日:2017年07月11日
IMG_6705

後でこの記事を読むなら、はてなブックマークが便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6705

先月から今月にかけて、LenSxを使用して100件弱のフェムトセカンドレーザーのレーシック治療をおこないました。

LenSxを使用しているクリニックが岐阜県内では当院1箇所で、フラップ作成機能に対応している機種は国内2機目なので、よくその印象を質問されます。

フェムトセカンドレーザーには様々な機種があり、そのほとんどを使用してきましたが、今年から使えるようになったLenSxによるフラップ作成の印象のまとめです。

・フラップ作成時間は標準で16秒で、現在の世代のフェムトセカンドレーザーとしては標準的です。

・操作性はさらにシンプルで、Patient Interfaceの取り付け時間も少ないため、トータルでの手術時間はおそらくはフェムトセカンドレーザーの中では最速の部類に入ると思います。

・吸引時の圧力が圧倒的に少ないのが特徴ですが、今のところ、サクションロスは1例もありません。

・吸引圧が少ないおかげでしょうが、術直後の痛みはかなり少ないです。また、充血も圧倒的に少ないです。

・視力回復も早く、従来の機種では治療後4〜5時間の時点で1.0前後だった視力回復が、そのほとんどで、1.2〜1.5まで回復しています。

今のところ、従来のフェムトセカンドレーザーと比較しても、良い部分が多いので、タイミングが合えば、導入する価値はある機種だと思います。